国内では緊急事態宣言後も新型コロナウイルス感染症の患者数が日ごとに増えるなか、PCR検査の拡充が未だ不十分で、医師が必要と判断しても検査が受けられない状況が続いている。

そうした中、注目を集めているのが「CT検査」だ。新型コロナ感染症に対する検査の感度は、PCR検査より高いという報告があり(詳細は後述)、中国もPCR検査キットが足りないときはCTで検査を行っていた(診断基準の変更により一時的に患者が増え、検査キットが足りてからはまた診断基準を戻している)※1

一般には広く知られていないが、日本のCT保有台数は世界一だ。日本ではヨーロッパやアメリカよりも、CTの台数が多く検査価格も低いため、CT検査を行うハードルは低い。小さな病院でもCTを保有していることがある。

「OECD Health Stastics 2015」より厚生労働省が作成

それでは、日本はCTで新型コロナ感染症の診断を積極的に行えばいい、と思うかもしれない。しかし、そう簡単な話でもない。CTと新型コロナ感染症をとりまく現状を、放射線診断専門医で画像診断医の筆者が解説したい。

PCRとCTの感度を比較したある研究

PCR検査では、「検査した部位にウイルスのRNA(遺伝情報)が存在するか」を調べるのに対して、CT検査では、「新型コロナウイルスによって引き起こされる肺炎があるかどうか」が検査の目的になる。

PCR検査の感度は30〜70%程度といわれているが、新型コロナ肺炎と診断された51人を対象とした研究で、初回のCT検査で50人に疑わしい影があったが、初回のPCR検査ではそのうち15人が陰性であり、陰性者に複数回PCR検査をしたら全員が陽性となり、PCR検査の感度71%に対し、CTの感度は98%と高いことが報告されている(ただし、同研究は対象者の数が少なく、研究デザインには課題がある)※2

また、4月17日に発表されたメタアナリシス(複数研究のデータを収集・統合し、統計的に解析したもの)では、CTは感度94%(特異度37%)、PCR検査は感度89%と、CTのほうが感度が高かった※3

※「感度」は、病気がある人を検査して陽性と診断できた確率。「特異度」は、病気がない人を検査して陰性と診断できた確率。