# キャッシュレス # 新型コロナウイルス

吉村知事の「出前ポイント」策、キャシュレスのプロが絶賛する理由

“庶民的視点”が活きている
岩田 昭男 プロフィール

SNSでも賞賛の嵐

しかし、一番の工夫は、ポイントを飲食店につけるのではなく、ウーバーイーツや出前館に付けたところだろう。ここが新しいところで、注目点だ。大手の飲食宅配代行サービスなら、2000店舗以上の飲食店をカバーしているから繰り返し使われるようになるのだ。

こうした発想が一度に出てきてバタバタと組み立てられ、出来上がったのではないか。

Photo by GettyImages

それが出来るのはやはり毎日の暮らし、女房子供の様子を見ていて学んだ体験があるからなのかもしれない。やはり庶民目線を持ち続けることが、商売でも政治でも一番大事ということではないだろうか。

4月9日に大阪府知事の「出前ポイント」の記事がネットニュースで配信されると、たちまちSNSでは賞賛の嵐となり多くの人の共感を呼んだ。その一部を紹介しておこう。

 

国と違いコロナと本気で戦ってくれているのが伝わってくる

来週の水曜日(4月15日)にはスタートさせるとおっしゃっていた。仕組みもスピード感も本当に凄いと思う

消費も進むしお店もメリットある。今必要な政策やね

世の中全体が大きく動きつつある今、これまでのルールが次々と新しいものに塗り替えられている。そうした時代には前例に囚われない頭脳と行動力こそが求められているのであり、それこそがこれからのリーダーには必要なものといえるだろう。吉村知事の奮闘がはっきりとそれを示している。

関連記事