Photo by gettyimages

この生活あと何年? SARSワクチンは18年後の今も「未完成」の現実

一層の覚悟が必要だ

「集団免疫」はるか遠く…

新型コロナウイルスの猛威はとどまるところを知らず感染拡大が続き、国民の多くが苦難に直面している。いずれはこの苦難を乗り越える日も来るのだろうが、果たして、それはいつ頃になるのか。

まず、新型コロナは徐々に “収束(=暫定的に落ち着く)” するだろうが、“終息(=完全に克服)” は当分ない。厚生労働省クラスター対策班など、多くの感染症専門家は「一度収束に向かっても、その後、第二波、第三波がやってくる」と述べている。

感染症の防止策に「集団免疫」という考え方がある。多くの人が感染し、完治することで免疫がない人々も感染しにくくなり、感染拡大が止まる。つまり、多くの人が免疫を持つことが必要になるということだ。

「集団免疫」を実現するためにはどのような方法があるのか。

Photo by gettyimages
 

一つは、感染拡大を許容すること。人々の大半が感染し、自然に「集団免疫」が出来上がるのを待つというやり方だ。新型コロナウイルスに対しては、英国が当初この方法を採ろうとした。しかし、特に高齢者の重症化を招くことや、感染者数の爆発的な増加に対して、治療薬がない現在では、医療体制が維持できないなどの理由により断念している。

日本でもPCR検査の少なさや政府の対応を見ると、当初はこの「集団免疫」を念頭に感染拡大を容認していた可能性もあるのではないか。