Photo by GettyImages
# 新型コロナウイルス

トランプの「最大級のワガママ」で、コロナ収束が台無しになる可能性

WHOへの資金拠出停止という愚策

感染症対策が滞りかねない

ついに世界保健機関(WHO)への資金拠出の停止措置を、トランプ米大統領が打ち出した。

先週火曜日(4月14日)の記者会見で、「(WHOの)過ちによって多くの人たちが死亡した」と強く批判。WHOの新型コロナウイルス感染症を巡る対応を今後60日から90日をかけて検証するとし、その間は資金拠出を停める方針を打ち出した。

「アメリカ第一主義」を掲げるトランプ政権が国際機関や国際協調をないがしろにするのは、これが初めてではない。

Photo by GettyImages

2017年6月には、国連主導の地球温暖化防止の国際枠組み「パリ協定」からの離脱方針を発表したし、2017年のクリスマスイブには、欧州連合(EU)との交渉の末、2018年~19年の国連運営予算を5%削減の54億ドルに圧縮したと誇示した。環太平洋経済連携協定(TPP)からの離脱という従来の米国ならば考えにくい異常なケースもあった。

だが、これらのケースと比べても、WHOへの資金拠出停止は際立って暗い影を落としている。トランプ大統領は、中国の新型コロナウイルス感染症対応に強い不満と不信を持っており、その中国をWHOのテドロス事務局長が称賛し、アメリカの初期対応を批判したことに強い不満を見せているからだ。

確かに、中国やWTOの対応に問題があるのは明らかだろう。だからと言って、資金拠出の停止が良策とは考えにくい。

 

WHOへの資金負担で約15%にあたる4億ドル(約430億円)を出してトップの座にある米国が拠出を停めれば、新型コロナウイルス感染症対策が滞りかねないからだ。世界にたったひとつしかない感染症対応の国際的な司令塔の活動の足を引っ張るのは明らかに愚策だろう。

また、新型コロナウイルス感染症問題は米中間の新たな火種になりつつあり、トランプ大統領のような圧力の掛け方は中国をいたずらに孤立させて追い詰める結果になりかねない。両国の対立は新型コロナウイルス感染症の世界的な収束を難しくするリスクもある。実に、深刻な問題である。

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら