生後2カ月で熊本から東京にお引越し

友森玲子さんが主宰しているボランティア団体「ランコントレ・ミグノン」には、様々な事情で保護された動物たちがたくさんいます。

熊本地震のときに、交流が生まれ、震災後もずっとおつきあいの続いている熊本から保護したのが今日紹介する「asoみるおくん」です。当時、12頭もの仔犬がいるとの連絡があり、あまりに数が多すぎて現地での全頭譲渡と管理も大変とのことでSOSがきました。

写真/ミグノン

名前:asoみるお
年齢:1歳半
性別:男の子
性格:わんぱくで、甘えん坊

ミグノンに来た時は、下の写真のような仔犬でした。今はかなり成長して、こんなに大きくなりました。成犬になると15kgの大きさになると思います。

みるおくんは3匹の兄弟で東京にやってきました。みるおくんはその中でもちょっと慎重派。大きな音とかがちょっと苦手です。でも、基本は元気でわんぱくで楽しい性格です。オスワリとマテは完璧にできます。人間も大好きなので、たくさん遊んでくれるおうちがいいと思います。

写真/ミグノン

asoみるおくんと家族になりたい方は、こちらの譲渡条件をお読みください。

緊急告知!うさぎの飼育多頭崩壊発生で「預かりさん」募集中です

先月(3月)、うさぎの飼育多頭崩壊が発覚し、友森さんの団体「ランコントレ・ミグノン」で、約70匹ものうさぎを保護することになりました。それに伴い、うさぎのケアをしてくれる「預かりさん」を募集しています。預かりボランティアとうさぎの飼育に関しては下記をご確認ください。

預かりボランティアって何?

うさぎの飼養に必要なものは?

上記をご確認の上、【預かりボランティア登録フォーム】からご登録をお願いします。追って、ランコントレ・ミグノンのボランティアから随時ご連絡を差し上げます。

※「預かりさん」へのお問い合わせは、上記のフォームよりご連絡ください

仕事の合間にボランティアで保護活動を行なっているため、電話での問い合わせや見学の受付を行なっておりません。順番にお返事を差し上げますので、ご用件はお問い合わせフォームよりお願いします。