中国経済が早くも急回復、「コロナ後」世界のバランスは激変する

中国の発言力はさらに高まり…

バランスが変わる

新型コロナウイルスの感染拡大を受け、世界全体がこれまで経験したことのない混乱に陥っている。

その混乱によって、わが国や韓国、中国、欧米諸国はどうなっていくのだろうか。

まず頭に浮かぶのは、国際社会の構図が地殻変動を起こしていることだ。

具体的には、現在の主権国である米国の力が明らかに低下していることだろう。

米国がかつてのような圧倒的な発言力はなくなり、それに代わって中国やロシア、欧州諸国の圧力が増している。

トランプ大統領はWHOが中国よりであると批判し、資金拠出停止を表明した。

〔PHOTO〕Gettyimages
 

経済運営だけでなく、感染対策のために国際協調がどう進むかは一段と見通しづらくなっている。

世界の政治・経済の運営は大きな変化の局面を迎えていると考えるべきだ。

一方、隣国の韓国の総選挙では、左派系与党の新型コロナウイルスへの対応などが評価され180議席を確保する見通しだ。

一見すると、安定した政権基盤が形成されることは望ましい。

しかし、総選挙後の16日、韓国ウォンはドルなどに対して売られた。

南北統一、反日を重視する文政権が多極化する世界にどう対応できるか、先行きを懸念する市場参加者は増えつつある。

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら