子どもはみんな大好き!
秘密基地づくり

 総額たったの330円で完成!
 メルヘンな「ダンボールハウス」

画像提供/@kinopinon
ダンボールハウス完成
森の中のパン屋さんって感じになりました
娘がパン焼いて持ってきてくれる

ほとんど家にあるもので作ったからかかったお金はセリアで買ったリメイクシートとボンドの330円のみ。お子さんと一緒に作るのも楽しそう。

@kinopinon>該当ツイートはこちら

大きめの段ボールが家にあったことから、それを活用して作ったというこちらの「ダンボールハウス」。投稿者さんは100均で売られていたというリメイクシートを使って外装を可愛くデコったとのことですが、子どもの年齢によっては、一緒に絵を描いたり、色を塗ったりといろんな楽しみ方ができそうですよね。

-AD-


 身近なもので作れる!
 即席「秘密基地」

画像提供/@ChocolateHoppe
洗濯した毛布の室内干しテント。
干せて遊べて一石二鳥。
我が家テントがないからプールと毛布で即席秘密基地。
気に入っておる。

@ChocolateHoppe>該当ツイートはこちら

どのご家庭にもある身近なアイテムで簡単に秘密基地のようにテントが作れる! お金をかけずに楽しめる魅力的なアイディア。

このテントを作ってからというもの、この中におもちゃを持っていくのはもちろん、ミニキャンプのようにおやつやお昼ごはん、お昼寝もこの中でやりたい!と自分たちで色々準備するようになったとのこと。また、自分たちで出入り口も新たに作るようになるなど、わくわくした表情で創作して楽しむようになったそうです。

-AD-

またこの出来事を機に、なんと長男くんに大きな変化が! それまでお母さまの隣以外で夜眠れなかったという長男くんが、自ら「プールで一人で寝る」と言って寝に行ったそう。投稿者さんも、この自家製テントがきっかけで、長男くんなりの成長を見ることができてとても驚いたといいます。

家の中にいながら、思いっきりアウトドア気分を楽しみたい!という方、変わらない日常に何か新鮮な変化が欲しいという方、是非お試しを!