Photo by iStock
# 風俗

新型コロナで大打撃、それでもわたしが「レズ風俗」を続ける理由

風俗という“ライフライン”

新型コロナウイルスが猛威を振るい、飲食店や遊興施設の営業に自粛が求められるようになってからこの約1〜2ヶ月の間、夜の業界では激変が起きている。

2018年に開業し、わたしがオーナー兼キャストを勤めている“対話型”レズ風俗 Relieve〜リリーヴ 〜(以下、リリーヴ )はこの状況を鑑みて、ノンアダルト、つまり性的なサービス抜きでオンライン接客を続けることにした。レズ風俗は通常、女性のキャストが女性客に対して疑似恋愛体験または性的行為を提供するサービスだ。

風俗店がなぜこのような異例の対応をしているのか、そして夜の業界で今何が起きているのかを当事者の目線から伝えたい。

奪われた“ライフライン”

「びっくりするほど人がいない…」

新型コロナウイルスの脅威が巷にも忍び寄って来た、2020年3月中旬。わたしが先約のあった仕事のために池袋を訪れると、街の様相は一変していた。いつもは池袋北口にたむろしている風俗のスカウトマンはなりを潜め、足早に行き交うデリヘル嬢たちも見当たらない。

Photo by iStock

わたしの店も3月以降、予約が激減していたが、どうやら他の店でも同じような状態らしい。風俗業のメッカである東京・吉原は開店して営業を続けているようだが、お客さんが一人も付かない日が多いという。自分の身を守ることを考えれば、利用者側が他人と密室で一定時間触れ合う水商売を敬遠するのももっともだ。

今、こういった状態で水商売についていた人たちはどうしているのか。副業として働いていた人は生活が厳しくてもひとまず本業に戻ればいいが、大多数の人たちはそうはいかない。

 

詳しくはこちらの連載に書いているが、わたし自身、都内の有名大学を出ていったんは就職したものの、精神的な病気を理由に新卒三ヶ月で突然解雇され、生きる道を見つけるためにこの世界に飛び込んだ。病状が不安定な時期でも働ける程度に労働時間が短かく高給で、職歴が付かなくても採用してもらえる唯一の職業だったからだ。

この業界ははわたしのような例以外にも、何らかの理由で昼の安定した仕事に付けない人、まとまったお金が必要な人たちの命綱として機能してきた。風俗、援助交際、古くはブルセラなどは困窮した人たちがひとまずの生活をつなぐ“ライフライン”だったのだ。今回の新型コロナウイルスは、その広義のライフラインすらもわたしたちから奪っていった。