Photo by iStock

「情報というウィルス」に抵抗するために「積読」が重要な理由

「インフォデミック」から身を守る実践

情報とウィルスは似ている。新型コロナウィルスの感染拡大そのものだけでなく、それにともなうさまざまなデマや噂も猛威をふるう現在。私たちはいかにして情報と向き合い、正気を保ってゆけるのか――。

「読まない読書」について記した稀代の書『積読こそが完全な読書術である』を上梓した、気鋭の書評家・永田希氏は「情報の濁流に飲み込まれるな」と語る。パンデミックのなかで人間の過去・現在・未来を考える特別寄稿。

「インフォデミック」が命を危険に晒す

新型コロナウィルス感染症が流行し、SNSやマスメディアを通して多くの人が自宅での過ごし方について語り、感染症からの身の守り方、世間や海外での状況について情報をやりとりしている。

TwitterやFacebook、InstagramといったSNSで誰もが気軽に情報を発信できるようになり、テレビや新聞もSNSの情報を参考にすることが珍しくなくなって以来、それ以前は局所的にしか広まらなかったような噂話や憶測が、ひとびとの警戒心や善意、おもしろ半分の悪戯心で、爆発的に広まるようになった。枯野が燃え広がるように拡散される過程で、その噂話や憶測にはいわゆる尾びれが付き、最初の発信者やその「延焼」を媒介した個々のユーザーや視聴者が意図しなかった言説へと変容していく。

このような状態を指して使われるのが「インフォデミック」という呼称だ。情報 Information と伝染病 Epidemic を組み合わせて作られた言葉である。

Photo by iStock
 

人々の心理が動揺し、情報インフラが寸断される災害時に発生したデマは、単に誤っているというだけでなく、社会の中にある敵意を増殖させ、ときには多くの人の命を危険に晒すことになる。

致死性の感染症が人々のあいだに蔓延し、罹患者の命を奪うように、情報メディアのあいだに蔓延したデマが、現実社会のユーザーの命を危険に晒すことがある。インフォデミックが感染症のニュアンスを含んでいる所以だ。

また既に書いたように、SNS上に広まったデマは無数のユーザーたちによって新しい情報を付与されたり細部を改変されることによって刻一刻と変化していく。通常、デマに対しては正しい情報による反駁が行われる。しかし、ひとつのデマが正しい情報によって駆逐されても、そのデマを信じて拡散された過程で部分的に正しい情報が加えられ新しいバージョンが生まれている場合、デマの拡散が続いてしまう。

ウィルス感染者の体内で爆発的に数を増やし、増殖の過程で突然変異を繰り返すウィルスに対して、ワクチンの開発が追い付かない状況があり、この点も生物学的な感染症 Epidemic と情報的な感染症つまりインフォデミックには共通している。