書斎の高嶋哲夫氏/撮影:加藤慶

10年前の予言書『首都感染』著者が振り返る「新型コロナ騒動」前夜

現実となった『首都感染』①
中国で突如出現した新型ウィルスが、東京の人々に感染し始め、政府は都心部の完全封鎖を決断する――10年前に書かれた「予言の書」として今、爆発的に読まれている『首都感染』の著者・高嶋哲夫氏が、「新型コロナと日本人」について書きおろすドキュメント連載第1回!

母の死とハリウッドプロジェクト

2020年は僕にとって、いや、日本はもちろん世界にとって、決して忘れられない年になる。

まず、個人的には1月17日に母が亡くなった。午前中、阪神・淡路大震災の式典が三宮であり、午後、岡山の母が入っている施設から呼び出しがあった。岡山に向かう途中に心停止の電話。まったくの突然だったので、3ヵ月たった今も、まだ心の整理が出来ていない。だから、これで終わり。

 

次に、3年前から多くの人に助けられて進んできた、一つのプロジェクトの結果が出る年だった。

「ハリウッドプロジェクト」――ボクの夢は、自分の書いた小説がハリウッドで映画化されること。そのために、多くの時間を費やし、多くの人に助けられ、少なからずの資金をつぎ込んできた。それがやっと実ろうとしている年だった。

2年前から書き始めていた小説、『紅い砂』が4月に出版された。10月にはその英語版、『ザ・ウォール』がニューヨークの出版社から出ることが決まっている。共同出版という形を取ってはいるが、実質、自費出版だ。

現在進行中で、6月には翻訳が終わり、アメリカの書評家、書店に送る。同時に、様々な人を介して、ハリウッド関係者、ニューヨークの著名人にも送ることになっている。

さらに、英語版の出版告知と費用の回収を目的にした、「クラウドファンディング」を行う用意をしていた。そして何より、4月初めにはショートフィルムが完成する。本の内容を紹介する、映画の予告編のようなものだ。

ところが、そうした色んな思惑を吹き飛ばすことが起こった。「新型コロナウイルス」の発生である。