衝撃予測!日本のコロナ感染「5月に150万人超え」「あと3年は続く」…

長期戦を覚悟したほうがいい

「200人の町」での広がりかた

4月19日の時点で全世界の新型コロナウイルスによる感染者は233万を超え、死者は16万人を超えとなった。日本も東京を中心に3月24日から急増し始め、23日に1057人だった感染者数が、4月19日には1万人を超えた。いったい、どこまで広がるのだろうか? どうすれば拡大を抑えることができるのだろうか。

それに、外出制限をしてどれほどの効果があるのか、いまひとつイメージできないでいた。そんなときに、私の友人が教えてくれたのがワシントン・ポスト紙のサイトだった。

 

(1)を見ていただきたい。ある未知のウイルスによる感染症が流行したと設定した。このウイルスは200人の町でどう広がるか。住民を無作為に配置して、その中の1人を感染者とする。時間の経過と共に感染者が爆発的に拡大し、やがて感染者が回復することで感染拡大が収まっていくというシミュレーションである。

図(1)このシミュレーション動画は、以下から閲覧できます。
www.washingtonpost.com/graphics/2020/world/corona-simulator/?fbclid=IwAR00p6G6O-2-3Skj886YofwYS7llJF1_fsh3_pF6HFJ_o9hxKDPr0JkiBp0

ところどころで赤いドットが、瞬間的に複数の白いドットを赤く染めているところがあるが、これを密室の空間で感染が広がる集団感染と理解すればわかりやすい。もしこれが大都市で広がったら早々に医療システムが崩壊してるはずである。

では、これを人口の4分の3が他者との距離(社会的距離)を置くか、自身が行動を制限したとする。そして残りの4分の1がこれまで通りに移動したらどうなるか(2)。