日曜劇場『半沢直樹』公式サイトより

新作が放送延期…大ヒットドラマ『半沢直樹』とは何だったのか?

痛快だった「現代の時代劇」

4月クールのドラマに異変が生じている。始まるはずの作品の多くが、なかなか開始されないのだ。軒並み、放送延期や撮影の中断が伝えられている。原因はもちろん、新型コロナウイルスである。

今期ドラマの注目作のひとつ、日曜劇場『半沢直樹』(TBS系)も、初回の放送が延期されたままだ。大ヒットドラマの続編であり、多くの視聴者が開始を待っていることだろう。

とはいえ、前回から何と7年の歳月が流れているのも事実。始まるのを待つだけでなく、その間に、おさらいというか、復習というか、記憶を呼び戻しておきたい。それによって、待望の放送開始となった際、一気にドラマの世界へと入っていけるはずだからだ。

では、そもそもあのドラマ、堺雅人主演『半沢直樹』とは、一体何だったのか。

それは2013年夏のことだった

もう大半の人は覚えていないと思うが、『半沢直樹』が放送された2013年の夏は暑かった。そう、毎日ひたすら暑かったのだ。

夜になっても気温は下がらず、外で遊ぶ気にもならない。できれば早く仕事を終えて家に帰りたい。クーラーの効いた部屋に避難したい。そんなふうに思いながら暮らした人が多かった夏だ。

 

7月に各局の夏ドラマが始まった時、「初回視聴率」の高さに驚いた。テレビ朝日『DOCTORS 2』19.6%。フジテレビ『ショムニ2013』18.3%。そしてTBS『半沢直樹』が19.4%と、スタートから横並びで、高い数字をたたき出したのだ。

一瞬、「高視聴率の原因は連日の猛暑か!」と半分本気で思ったものだ。その後、『半沢直樹』は、単独でモンスター級のドラマへと成長していく。