本連載が一冊の本『沼で溺れていたけれど』にまとまりました。

女とお金を軸に「愛・社会・しがらみ」をめぐり、意図せず沼に溺れた女性や、溺れることを決めた女性たち…その体験の先でそれぞれが見つけたものは、何だったのか? 連載時には書ききれなかった「その後の話」を新たに書き下ろしたインタビューエッセイ集です。

エステにかけるお金はいくら?

3月に、所属しているユニット・劇団雌猫の書籍を元にしたコミック『だから私はメイクする』が発売された。

同名の匿名エッセイ集を出したのが2018年10月のこと。「アイドルにモテるために化粧する女」「会社のために擬態する女」「整形したくてたまらない女」などなど、生き方も立場も異なる女性に、その人がメイクする理由を匿名でつづってもらった文章が15人分集まったもので、コミック版はその中のエピソードを利用しつつ、オリジナルストーリーを展開されている。

コミックは思いの外のヒットとなり、Amazonでは女性コミックの売れ筋ランキングで1位となった。ドラマ化されたコミックなどを押しのけてのランクインに、心からうれしさを感じるとともに、女性たちにとっていかに「美」が大きなテーマかということを感じさせられた。

折にふれて書いているのだが、実は私自身は20代前半までメイクやおしゃれ、身だしなみといったものに全く関心がなかった。お金があればできるだけオタク趣味にそそぎたかったからだ。

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、過去の記事がすべて読み放題!
>>すでに会員の方はこちら