女性は好きな男性に社会性を求める

女性は、好きな男性に社会性を求める傾向がある。その人が、周りにどう思われ、どう振る舞い、社会の中でうまくやれているか、評価されているかを気にする。それを判断するための分かりやすい要素が、経済力協調性だ。両方を気にする女性もいれば、どちらか片方を気にする女性もいる。どちらも全く気にしない女性もいるにはいるが、少数派だと思う(少なくとも2020年現在においては)。

京都で4人でご飯を食べた時も財布を出す素振りすら見せなかった快にイラついていた花〔PHOTO〕山チャンネルより

一方男性は、好きな女性に社会性を求めない。自分が「好きだ」と感じたら、その女性が周りから批判されていても、気持ちが萎えたりはしない。男性にとっては、自分に対してその女性がどうであるかが重要で、その女性が周りにどう接し、どう思われているかは関係ない(もちろん、男性の職種などによっては妻に社交性を求めるケースもあるが)。

分かりやすい例で言うと、何万人もの女性ファンを持つ男性芸能人が、SNSで自分は彼女だと匂わせる女性、要は同性から嫌われるタイプの女性と結婚したりする。こんなに大勢のファンを敵に回すような女性を伴侶にするの!? と、多くの女性は納得がいかないわけだが、その男性からすると、好きな女性が他人にどう思われているかはどうでもいいのだ。

あと、女性は好きな男性のことを友達にガンガン相談するが、男性はよほどのことがないと相談しない。これも、「好きな相手を他人がどう思うか」を気にする女性と気にしない男性との違いによるものだろう(そもそも女性は自分の「好き」になかなか確信が持てないとか、男性は悩んでいる姿を人に見せたがらないなど、他にもさまざまな要素が絡んでいると思うが)。