# 新型コロナウイルス

スウェーデン流「ゆるいコロナ対策」が医療崩壊の抑止力となったワケ

政府への信頼と手厚い補償がある
綿貫 朋子 プロフィール

政府への信頼

冒頭でも紹介したようにスウエーデンは、その「緩い規制」について近隣各国から批判を浴びている。

早いうちから国境を封鎖し、国内でも居住自治体以外への宿泊を禁止している同じ北欧の隣国・ノルウェーの研究者は、「スウェーデンの感染は拡大する」と懸念している(アフトンブラーデット紙)。スウェーデン国内にも、小中学校の休校や首都・ストックホルム封鎖を求める専門家もいる。もちろんまだまだ予断を許さないが、スウエーデンがこのような「緩い規制」をとったのには、ある背景があったのではないか。

それは政府や当局への信頼だ。

 

中央スウェーデン大学の研究者ルンドグレーン氏は、「新型コロナウイルス対策について、市民はどのくらい国や当局・メディアを信頼しているか。また、それが市民の危機判断にどう影響するか」を研究するという(スウェーデン公共放送SVT)。

本格的な調査はこれからだが、今の印象として「スウェーデン市民の信頼は比較的高い。大半が指示に従っている」と答えていた。私が感じている肌感覚と近い。

もちろん個人差はある。ただ、それでも大半の人が多かれ少なかれ信頼を寄せているのは、本記事で紹介したような、政府や当局のしっかりとした説明、市民への指示と連動した支援策、生活の基盤にある社会補償、の存在と無関係ではないだろう。

「信頼」は、スウェーデンの新型コロナウイルス対策をめぐるキーワードのひとつと言えそうだ。「なぜ“勧告”なのか。なぜ“禁止”にしないのか?」ジャーナリストにそう聞かれた時、公衆衛生庁長官もこう答えている。「対策について語る時には、市民が責任をもって行動するという信頼に基づくことが重要」(SVT Agenda)。

緊迫した事態が続き、予断を決して許さない情勢だが、今のところ何とか「緩い規制」で医療崩壊を食い止めているスウェーデン。この先、どうなるか。政府や当局が、信頼を軸に、いかに規制/禁止と信頼/自主性のバランスを見極めながら舵取りしていくのか、注目していきたい。