photo/gettyimages
# 新型コロナウイルス

スウェーデン流「ゆるいコロナ対策」が医療崩壊の抑止力となったワケ

政府への信頼と手厚い補償がある

スウェーデンの「コロナ規制」が緩いワケ

新型コロナウイルス対策をめぐっては、スウェーデンは「異端児」と見られているらしい。

他の欧州諸国と違って、都市封鎖や外出禁止はない。小中学生や保育園児は通学通園を続け、街では多くのレストランや店舗が営業している――。こうした状況が「緩い規制」とみなされ、国際的な注目や批判を招いているようだ。

photo/gettyimages

スウエーデンの感染対策は強制力のあるものよりも、「勧告」の方が多い。「自宅待機要請」で罰則のない日本の方策と共通点を見るのだろうか、「日本と似ている?」と問いかける報道も見かけた。

果たしてそれが本当なのか、現地に住む一生活者の視点から、スウエーデンの「コロナ対策」を紹介する。

 

スウェーデン公衆衛生庁によると、同国で陽性確認がされたのは13822人で、死者は1511人(4月18日現在)*。

医療現場からは、防護器具などの不足・スタッフへの過度の負担などの問題が叫ばれるなか、事態は緊迫している。最近では高齢者介護施設での感染が増え、防護器具が不十分なまま介護を強いられている介護従事者の窮状が問題化している。

(*注:スウェーデンでは、3月半ばに検査対象について方針が変更され、「病院での治療を必要とする人」「感染が疑われる医療・介護従事者」に絞られた。ただ、その後政府から公衆衛生庁へ検査増加に向けた戦略を提出するよう指示が出た。公衆衛生庁によると、医療従事者らを中心に検査対象が拡大され、最近では週あたりの検査が全国で約2万件に上った。対象は今後さらに拡大される)