コロナ危機、日本経済は「倒産爆発」の重大局面に突入した

補償なき休業要請が最悪の結果を招く…
近藤 駿介 プロフィール

政治の胆力が試されている

家賃猶予も地方債の日銀引受けも平時においては「禁じ手」といえる政策である。しかし、新型コロナウイルスとの戦争という有事においては「有効な一手」となるはずである。

それは目潰しや急所撃ちといったスポーツにおける反則技が護身術では有効な技になるのと同じである。諸外国が「禁じ手」を「有効な一手」にする前例を作っている今、日本だけが躊躇する必要はない。

新型コロナウイルスの「感染爆発」による医療崩壊を防ぐためには感染拡大のピークを後送りする、つまり「時間」を掛けることが必要である。

 

一方、「倒産爆発」を回避するためには「時間」を掛けることは自殺行為である。財政が逼迫する日本がコロナウイルス危機を脱するためには、少ない真水で大きな効果を上げる工夫と必要な資金を確保する手段が必要不可欠だ。

平時において「禁じ手」であることを理由に躊躇し、「感染爆発」は回避したが「倒産爆発」は防げなかったというような悲劇を招いてはならない。日本経済の運命を決めるのは政治である。今こそ政治の胆力が試されている。

編集部からのお知らせ!

関連記事

ABJ mark

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標 (登録番号 第6091713号) です。 ABJマークについて、詳しくはこちらを御覧ください。https://aebs.or.jp/