# 恋愛 # 婚活

“コロナ時代の婚活”の切り札!「オンラインデート」の楽しみ方

こんなときこそ、ピンチをチャンスに
新型コロナウイルスの感染拡大と、相変わらずの外出自粛ムードが「婚活」に大きく影響を与えています。気になる相手がいても、なかなか外で会うこともできず、いっこうに進展しない。連絡をするとしても、どんな話題をすればいいのやら……。
ピンチを迎えた婚活の現状と、「コロナ時代」に相手との縁をつなぐ「オンラインデート」の実例を、高い成婚率を誇る「婚活分析アドバイザー」三島光世氏が紹介します。

婚活の現場は大ピンチ

新型コロナウィルスの流行で、婚活の現場は、いままでにないピンチに陥っています。 事業者はもちろん、一番困っているのは、現在活動されている人でしょう。

 

例えば、結婚相談所では、お見合いをして出会っていて、連絡先交換をしている関係(仮交際と呼びます)の二人が、この先どうやって進展させていけばいいかと悩まれています。

先日は、「お見合い後、一度はデートしたけれど、その後、自粛ムードになっているので、会うことができない。LINEだけだと限界が……」という悩み相談がありました。結婚相談所で出会った人でなくても、マッチングアプリで出会った人にも同様なことが言えるでしょう。

Photo by iStock

こういった関係は、お互いが様子見の状況です。本来なら、何度も会って確かめ合う期間になりますが、それが行えない状態です。

しかし、せっかく繋がったご縁を、こんな時期だからこそ逃さないようにするにはどのようにすればいいでしょうか。