Photo by iStock
# 筋トレ

なぜ「筋トレ」を習慣にすると、仕事効率が爆上がりするのか?

自己管理能力が劇的にアップ
お腹が出てきた、ラーメンがやめられない、健康診断で引っかかった……。忙しい毎日の中で、どうすれば脂肪を減らし、筋肉をつけることができるのか。著書『ビジネスパーソンのための筋肉革命』を出版した、バズーカ岡田こと岡田隆氏によると、筋トレを習慣にすると健康になるだけでなく、「仕事の効率」も爆上がりするという。その科学的理由を解説してくれた。

生活に筋トレを組み込もう

体づくりを続けると、トレーニングが生活に組み込まれていきます。ジムにせよ、自宅にせよ、60分程度の時間を確保するためにトレーニング以外のあらゆる物事に効率を求めるようになります。つまり、自己管理能力が劇的にアップするのです。

Photo by iStock

私自身の話をすれば、あらゆる作業に期限を設けるようになりました。

まず、今日のトレーニングにどれほどの時間がかかるかを算出し、何時に職場を出るかを確定。タスクを確認し、それぞれにかかる時間を考慮して順番を決める。大体3時間ごとに栄養補給をするので【3時間1単位】ととらえた上で、可能であれば集中力の維持のために、90分を目安に休憩を挟みながら作業を進めていきます。

終わりには、必ずその日に届いたメールの返信をする時間を設定しています。平均的に企業の終業時間は夕方です。先方からの連絡が出揃うまでにそれ以外の作業を終わらせて、最後にすべての投げられたボールを打ち返して気持ちよくパソコンを閉じる。

 

懸案事項は次の日に持ち越しません。すべては至極のトレーニングを実現するため……とはいえ、結果的に仕事効率が格段に上がっていることを体感しています。