photo by Gettyimages

コロナショックで、やっぱり中国からの「資金大流出」が起きている

人民元防衛の結果、何と米国金利が上昇

お金が逃げ始めている

新型コロナウイルスショックで金融市場も荒れている。

10年ごとに発生する世界的な大経済危機では、新興国では資金が流出し通貨が下落することになる。そして、投資家は基軸通貨で世界的に信認があるドルに資金を集め、危機に備える行動をする。

今まさにその現象が起きているのだが、少し様子がおかしい。新興国から資金が逃げてはいるが、逃げ込むはずの米国債が下落している(つまり米国の長期金利が上昇している)のである。

最近でも、麻生財務大臣が韓国側からの通貨スワップ協定(資金供与)の依頼を断ったことがニュースになっている。メディアの取り上げ方は、日韓問題の視点中心だが、通貨の信認が低い国で、起きるべき事が迫っているとみるべきだろう。

そもそも韓国は、1997年のアジア通貨危機の時に、ほかのアジア諸国と同様に通貨が売られ、外貨準備が尽き破綻の可能性が高まりIMFに援助を要請した経験がある、いわば要注意国である。最近でも韓国で、当時を描いた、まさに『国家が破産する日』という映画が製作され、日本でも公開された。

その後、2000年に、ASEAN+日中韓が2国間通貨スワップ協定のネットワーク化を取り決めた「チェンマイ・イニシアティブ」を締結した。

 

だが、その一部であった日韓の通貨スワップ協定も2015年に途切れた。そのような状況下、コロナショックで、韓国が影響を受け、再度、日本に依頼があったが、政治的関係が悪化しており、断ることになった。