# 借金

なぜ知らない間に借金が増えるのか? 「リボ払い」に潜むワナ

「自動リボ」にもご注意を
福田 亮 プロフィール

元本がほとんど減らない!

クレジットカードのショッピング枠は、最初は30万~50万くらいが一般的です。この枠いっぱいに使ったとすると、毎月3000円程度のリボ払いでは、ほとんど元金を返すことができません。

Photo by iStock

ショッピングリボの手数料率は、だいたい14~15%。10万円を借りて月3000円のリボ払いにすると、その後全くリボ払いを使わなかったとしても、完済までに3年半もかかります。毎月の支払いのほとんどが、利息の返済に充てられてしまうのです。

そのあたり、皆さんほとんど理解せずに、「便利だから」と使っているようです。

たとえば、年利15%、月1万円のキャッシングリボで子どもの学費50万円を借りたとします。その後全くキャッシングを利用しなくても、全て返済し終わるには、6年半の年月がかかります。追加借り入れをしたら 、またすぐ元本が元に戻ってしまいます。

ある依頼者の取引履歴を見ると、残元本がずっと496000円、495000円と50万円のあたりをウロウロしつづけていました。たまにちょっと使って、また499000円に戻ったりしながら。それがあるとき急に、残債額が変わっています。なぜか突然、99万円とかになっているのです。ずっと返済を続けてきたので信用がついて借入枠が増え、「また借りてしまいました」と。

「返済を続けているから、借金が減っていると思っていたんですが……」

 

そう思ってしまう気持ちは分かります。しかし、リボ払いの最小返済額は、完済までに3年~6年かかかるように設定されているものです。それを知らずに、「毎月の支払いが少ないほうが楽だから」と返済額を最少額にしておくと、払っているのは利息ばかりで、返済しても返済してもほとんど債務が減らないという状態になってしまいます。