〔PHOTO〕gettyimages

日本政府の「胆力」では、残念ながら「人類の危機」とは闘えない

この国はいつまで20世紀のままなのか

人類全体が試されている

新型コロナウイルスがアジアに押し寄せる直前、昨年末から今年1月にかけて、日本の周辺国・地域を逍遥した。具体的には、香港、マカオ、北京、台湾だ。コロナ発生源となった武漢にも、高速鉄道で立ち寄った。各地で様々な立場の人々に話を聞いて、2020年のアジアは「大乱の時代」になると確信した。

それらの見聞と思索をまとめて、『アジア燃ゆ』という新書を先週、上梓した。新型コロナウイルスの発生で、中国国内で一体何が起こっていたのかについても、かなり踏み込んで書いた。どうぞご高覧下さい。

普段アジアを研究している身としては、「日本のことは日々、多くの論客が侃々諤々語っているから、それで十分でしょう」と、つい遠慮がちになってしまう。だが、コロナウイルスという「大乱」は、いまや日本も渦中にある。そこで今回は、諸外国と比較しながら、日本のことも述べたい。

今年1月23日、新型コロナウイルスの蔓延を受けて、中国湖北省の省都・武漢が、世界に先駆けて「都市封鎖」を行った。900万人の武漢人が、4月8日に封鎖を解かれるまで、計76日間にわたって閉じ込められた。

gettyimages

この初期の頃、私はいろんなテレビ番組に呼ばれて、武漢の解説をした。武漢へは、北京駐在員時代を含めて、これまで約20回訪れており、勝手知ったる都市だ。そこで、各テレビ番組が要望する角度から、武漢と中国の危機について述べたが、必ず最後にこう付け加えることにしていた。

「でも、今日の武漢は明日の日本ですよ!」

この一言で、テレビスタジオの「空気」が一変する。「えっ、まさか!」という感じになるのだ。

ある番組では、司会者から、「そんな大袈裟なこと言わないで下さい」と叱られた。別の番組では、「これはあくまでも近藤さんの意見ですから」と、キャスターが断りを入れた。

番組終了後にディレクターから、「世間の不安を煽るような発言は、なるべく控えて下さい」と注意を受けたこともあった。

いまご活躍の西村稔康コロナ担当大臣(経済再生担当大臣)とも会食する機会があったので、大臣にも直接申し上げた。「一刻も早く対策を取らないと、日本は第二の武漢になります」と。

 

なぜそんなことを言い続けたかと言えば、中国の惨状を日々、中央電視台(CCTV)のインターネット・チャンネルなどで見ていて、これは単なる「中国の災厄」ではない。そうではなくて、「人類全体が試されている」と思えたからだ。

つまり今回の危機は、地球の生態系から人類への「警告」であり「復讐」なのだ。だから、地球上のどの地域も、災禍を免れることはできない。

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら