アスリートから人気に火がついた
「骨ストレッチ」でパーツ痩せ

私たちはどんな動作をする際も手脚ばかり使っていて、体の中で一番大きな面積を占めている胴体(体幹)をあまり動かせていません。そこで体幹を効率よく動かすために、骨を押さえて手脚の動きを制限しワークアウトを行うのが「骨ストレッチ」。骨を摑んでストレッチすると無理なく関節可動域を広げられます。

ターゲットとするパーツを効率よく絞れる骨ストレッチは、脚やウエストなどの部分痩せにも効果テキメン! どの動作も7回を1セットとし、3セットほど行うのが理想。デスクワークに疲れたときや入浴後などの習慣に。

●教えてくれたのは...
松村卓さん
スポーツケア整体研究所代表。陸上短距離のスプリンターとして全日本実業団6位の実績を持つ。引退後、筋肉ではなく骨の活用法に重点を置いた骨ストレッチを考案。著書に『ゆるめる力骨ストレッチ』、『やせる力 骨ストレッチ』(共に文藝春秋)などがある。

脚痩せ・ヒップアップ
 足首ロック 前屈 

動く際にアクセルになる下半身の後面をほぐしてスタイルアップ。

 

肩幅に脚を開き、前屈して膝を曲げ、右手で右くるぶし、左手で左くるぶしを摑む(親指で内、小指で外くるぶし)。そのまま膝を伸ばしお尻を上げる。

背中&ウエスト痩せ
 鎖骨ロック 上半身ひねり 

鎖骨を摑むことで連携している胸骨・肩甲骨まで大きく動かせて上半身を絞る効果大。

 

両手の親指と小指で鎖骨を摑み(親指が下、小指が上)、顔は正面を向いたまま上体を左右にひねる。立っても座って行ってもOK。

二の腕痩せ
 指先&肘ロック エルボーワイパー 

肘を固定することで二の腕を集中的に刺激。

 

「基本のポーズ」を作り、手首に添えた手で肘の骨を摑む。車のワイパーの要領で、指先を輪にした腕を左右に振る。輪を作った手の向きを反対にして同様に。※両側行う。

ウエスト痩せ
 指先ロック あばら伸ばし 

脇腹をほぐし脂肪を燃焼。 

 

肩幅に脚を開き「基本のポーズ」を作ったら、腕を上げて手首を押さえている手のほうに体を傾ける。手首を押さえた手を離し、腕→脇腹→ももの付け根へと体の側面を滑らせる。※両側行う。
 

Movie:Kyoko Mori Photo:Tatsunari Kawazu Hair&Make-up:Mikako Kikuchi(TRON) Styling:Mana Takizawa Model:Yu Hirukawa, Colliu Composition:Chihiro Horie

※FRaU2017年11月号の特集、2017年10月に配信された記事を再編集して掲載しています。