4月17日 系外惑星「ケプラー186f」発見(2014年)

科学 今日はこんな日

地球のみなさん、こんにちは。毎度おなじみ、ブルーバックスのシンボルキャラクターです。今日も "サイエンス365days" のコーナーをお届けします。

"サイエンス365days" は、あの科学者が生まれた、あの現象が発見された、など科学に関する歴史的な出来事を紹介するコーナーです。

2014年の今日、地球からおよそ493光年ほど離れた宇宙空間で、地球によく似た惑星「ケプラー186f」が発見されました。

ケプラー186f(イメージ) Illustration by NASA

ケプラー186fは、2009年にNASAが打ち上げた惑星探査機「ケプラー」によって発見された、恒星「ケプラー186」のまわりを一周130日の周期で公転する惑星です。ケプラー186とケプラー186fの関係性は、ちょうど地球と太陽のような関係性なのです。

また、ケプラー186fは恒星のケプラー186から、地球が太陽から受けるエネルギーの3割から4割に相当するエネルギーを受けることができます。このことによって、海が凍らず、地表も高温にならないと期待されています。ちなみに、このような地球同様に生命が存在しうる宇宙空間をハビタブルゾーン(生命居住可能領域)といいます。

 

そして、ケプラー186fの最大の特徴は、直径が地球の1.1倍ほどで質量が地球の約1.5倍と、地球にとてもよく似た大きさであることです。地球によく似た大きさの惑星が太陽系外のハビタブルゾーンで発見されたのは、これが初めてのことでした。

ケプラー探査機(打ち上げ時) Photo by Getty Images

現在ではさらに研究が進み、2018年まで運用されたケプラー探査機によって多くの系外惑星が発見されました。

特に、2015年に発見された「ケプラー452b」は、公転周期や恒星から受けるエネルギーが地球とほぼ同じで、大気の存在も有力視されています。人類が新たな「地球」に生命を見つける日も、そう遠くないのかもしれません。

オススメ関連書籍はこちら

地球は特別な惑星か?
地球外生命に迫る系外惑星の科学

1995年の初めての発見から25年、われわれが知る系外惑星の数は4000個を超えた。人類はいかにして系外惑星を探してきたか。系外惑星の発見は私たちの世界観をどう変えたか。そして、科学はいかにして「宇宙における生命」に迫ろうとしているか。
気鋭の天文学者が語る、系外惑星と生命探査の最前線。

Amazonはこちら