〔PHOTO〕Gettyimages

韓国の「航空会社」を襲うコロナショック、世界の危機を暗示している…

もともと経営不安があったが…

世界の航空業界がピンチ

新型コロナウイルスの世界的な感染拡大によって、世界の航空業界が事業継続の危機的状況に直面している。

航空旅客需要がほとんど消滅に近い状況になっている。

その中、多くの航空会社が運転資金の確保に奔走している。

しかし、業績悪化と財務内容への懸念が高まっており、金融機関などが資金を貸し付けることは容易ではない。

世界の感染状況を見ていると、これから先、各国の経済状況は一段と厳しさを増すだろう。

その中で、もともと経営に不安のあった韓国の航空業界では、事業継続がさらに難しくなる企業が増える恐れがある。

〔PHOTO〕Gettyimages

足許、米FRB(連邦準備理事会)の大胆な資金供給などを受けて株式などのリスク資産が反発しているが、先行きは慎重に考える必要がある。

 
この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら