Photo by gettyimages

「コロナ後の世界」に忍び寄る「健康・健全ディストピア」

不健康と不健全が「罪」となる社会で

「健康は義務」という世の中へ

Happiness is Mandatory. Citizen, are you happy?
幸福は義務です。市民、あなたは幸福ですか?

――これは1984年にリリースされ、いまなお全世界で多大な人気を博している、近未来ディストピアSFをテーマにしたゲーム「パラノイア」におけるもっとも有名なフレーズである。市民社会を支配するコンピューターが、市民に対して疑心暗鬼になり、誇大妄想に基づいて自身が求める感情的・行動的規範に応じない者を「反逆者」とみなし、処罰する世界が舞台となっている。

しかしながら、「事実は小説より奇なり」とはよくいったものだ。フィクションの世界ではなく、私たちの現実社会でもあるひとつの観念が、まさしく「義務」に変わろうとしているからだ。

ただし、私たちの現実において義務化されるのは「幸福」ではない。私たちが「アフター・コロナの世界」で直面するのは、すなわち「Healthiness is Mandatory. Citizen, are you healthy?(健康は義務です。市民、あなたは健康ですか?)」と問われる時代だ。

 
〈呼吸器系および肺の専門家や医療関係者などからなる国際的な組織である国際結核肺疾患連合は6日、新型コロナウイルスのリスク低減に向け、喫煙者に禁煙を求めるとともに、たばこ会社に製品の製造と販売の停止を呼び掛けた。

同連合の公衆衛生専門家Gan Quan医師は声明で「新型コロナウイルスに対抗する最善策は、たばこ業界が直ちにたばこの生産とマーケティング、販売を停止することだ」と述べた〉
(ロイター「専門家、新型コロナ重篤化防止で禁煙・たばこ生産停止を要請」2020年4月7日)

今日では、喫煙の有害性について知らない人はほとんどいない。だが、たとえ健康面では有害であり著しいリスクがあるとしても、それを根拠に禁止されるわけではなく、人びとはそのリスクを承知したうえで楽しむ自由を享受していた。だが「コロナ後の世界」では、その風向きが大きく変わってしまうだろう。

前掲のニュースにもあるように、新型コロナウイルスで重症化する大きな要因のひとつとして、喫煙歴や喫煙量が指摘されている。これを根拠に「たばこ販売停止論」や「喫煙禁止論」が盛り上がるのは、この非常事態の中で喫煙がまさしく「自分が健康を害するリスクを承知しながらも楽しめる個人的な行為」から、文字通り「他人と社会に迷惑をかける(から自由にあたらない)」とみなされうる行為へと変容しつつあるためだ。

Photo by gettyimages

「健康を害するかもしれないが、しかし個人的な楽しみとしてリスクを享受する自由」が、今回のように「グローバルな危機的状況における社会基盤のリスクを高め、社会的リソースを奪う」といった文脈によって再検討されるようになれば、「健康を害するような行為によって危険にさらされるのは、本人だけではないのだから、それは認められるべき自由ではなく制限されるべきだ」という主張が台頭していくことになるだろう。

編集部からのお知らせ!

関連記事