# 任天堂 #  ゲーム # 新型コロナウイルス

『どうぶつの森』がコロナに疲れた人たちの“癒やし”となりえたワケ

「不便を楽しむゲーム」が心を癒やす

発売から10日で260万本突破

2020年3月20日に発売されたNintendo Switch向けゲームソフト 『あつまれ どうぶつの森』 が大ヒットを記録している。発売3日での国内売上は、ファミ通調べによると188万本(ダウンロード版を含まない数値)。これはNintendo Switchでは歴代1位の初週販売本数だ。

ニンテンドー3DSで世界累計1245万本を売り上げた『とびだせ どうぶつの森』の国内初週売上は60万本程度だったことから、シリーズとしても最高の出足と言っていいだろう。

現在ではゲームソフトをダウンロード版で購入している人もだいぶ増えているため、実際はさらに売れているだろう。ロングセラーが期待できるタイトルでもあり、国内の発売3週目では累計303万本(同じくファミ通調べ、こちらもダウンロード版を含まず)となっている。

つまり、『あつまれ どうぶつの森』 は大ヒットした過去作を越える勢いで売れている上、国内累計1300万台を越えたNintendo Switchで最も注目されているゲームなのだ。

新型コロナウイルスに伴う「緊急事態宣言」で家にこもる人はさらに増えている。家の中でも楽しめる娯楽は、いまや最も求められているもののひとつだろう。

しかし、この『あつまれ どうぶつの森』というゲーム、他とは一線を画する珍しい作品なのである。具体的に何をするのかといえば、魚釣りや虫取り、あるいはガーデニングにインテリアデザインを楽しみながらスローライフを送るのが目的だ。

 

今までのシリーズはどうぶつたちが暮らす村に移り住んでいたが、最新作ではなにもない無人島へ移住することになる。プレイヤーは木の枝や鉄鉱石を集めてDIYで道具や家具を作り、島の発展を目指しつつ日々を過ごしていく。最終的には土木工事もできるようになり、島の形すら自由に変えることができる。

ファンタジー世界で大冒険をするわけでもなく、いかにもフィクションらしい世界に滞在するわけでもないちょっと珍しいゲームだ。しかも、“不便な部分”がいろいろとある。