# 経営

40・50代「大量早期退職」時代を生き残るのは、意外な人たちだった!

熾烈な椅子取りゲームが始まった

最近、日本を代表するような大企業で「早期退職」や「希望退職」を募集する光景をよく見かけるようになった。特に40・50代にとっては「明日は我が身」の切実な問題になっており、いかに生き残るかという熾烈な椅子取りゲームが始まった。

グローバルな時代に生き残れる人材はいったいどういう人たちなのか、あるいは切り捨てられるのはどういう人か――。今回、経営共創基盤代表取締役CEO(最高経営責任者)として様々な企業の再生や成長支援に取り組む日本を代表する経営コンサルタントで、新著『コロナショック・サバイバル 日本経済復興計画』を上梓したばかりの冨山和彦氏と、新作小説『よこどり 小説メガバンク人事抗争』でメガバンクの未来や組織の在りようなどを独自の視点で描き出した作家の小野一起氏が緊急対談を敢行。40・50代「大量早期退職」時代に生き残るのは、意外な人たちだった――。

対談撮影/小川光 編集協力/村上結希

「本当のグローバルエリート」の凄すぎる働き方

小野 これからグローバルで戦える企業のリーダーになるためには、変化に対応できる思考訓練が必要です。そのためにこそ、有名大学への合格歴ではなく、高い学歴(修士号や博士号)が求められる。実際にグローバル企業で活躍する「本当のエリート」というのは、どんな働き方をしているのでしょうか。

冨山 それは大変ですよ。例えばグローバル企業のメーカーでリーダーとして期待されている人ほど、勤務地はアフリカ諸国とか中南米、インドなどの発展途上国ですよ。ニューヨークとかロンドンは、まずないでしょう。

小野 人口が増加して消費地として魅力があり、生産コストも低く生産拠点としても優位性があるのはやはりアフリカや中南米、インドですからね。

冨山 そういうことです。そうしてインドで実績を残して成功した人が、会社のリーダーになっていくわけです。

 

こうしたグローバルな仕事ぶりを求められると、自分の子どもの教育をどう考えるかとか、仕事と生活のバランスをどう考えるか、という生き方の問題も問われます。そうなるとリーダーになる人が、決して楽しくて快適な人生かどうかはわからない。

昔の日本の経営者みたいに、料亭で遊んで、ゴルフやっていれば良いとか、そういう楽な人生じゃないですよ