iStock

新型コロナでいま「就活」はこうなっている…! その最新傾向と対策

Webテスト・面談を成功させるコツも
新型コロナウイルスの感染拡大の影響は、ちょうど本格的に始まろうとしていた来春卒業予定の学生の「就活(就職活動)」にも多大な影響を与えている。就活状況はいま、どのようなことになっているのか? SPIをはじめとして主な就職テストの対策本シリーズを刊行し、歴代の就活生から強い支持を集めている「SPIノートの会」に混乱する就活最新事情について訊いた。
photo/gettyimages

通常通りの採用活動は「5月から」になる…?

まず、例年2~3月に始まる合同会社説明会や単体の企業の会社説明会ですが、すべて止まってしまいました。

さらに、3月下旬、就職情報サイト「リクナビ」や「マイナビ」は一度延期した合同企業説明会の中止を、「新型コロナの収束が見通せないため」4月30日まで再延期すると発表しました。

現状では、5月に入ってから実際に始まるかどうか、まったく見通せない状況です。

 

一部の就活生は、企業の採用活動は止まったと誤解?

そのため現在、「企業の採用活動は止まってしまった」と受け取っている学生も多いようです。

というのも、例年かなりの割合の学生が、2~3月に大学内で実施される合同会社説明会や単体の企業の会社説明会から就活を始めているからです。

そうした学生は「部屋で業界研究本でも読んで、どこを受けるか考えておこう。大学が始まり、学内の合同会社説明会が開かれるまで待っていよう」と考えて、今部屋にこもっています。

でも実は、企業は採用活動を止めてはいません

Web説明会、Web面談、Webテスト

たしかに企業は対面での説明会、対面での面談は中止していますが、インターネットを使ってWeb説明会、Web面談をしています。

また、就職テストは会場でのペーパーテストではなく、Webテストにしている企業がもともと多いので、就活生たちはSPIなどのテストを自宅のパソコンで受けることができます。