〔PHOTO〕gettyimages

緊急事態宣言で注目のテレワークツール「Zoom」その残酷な一面

新しいツールには一長一短ある

新型コロナウィルスによるパンデミックの渦中で、私達は仕事や社会生活、教育などの場を現実世界からオンライン空間へとシフトさせている。

そうした中で今、世界的な注目を浴びているのが米国の「ズーム(Zoom)」だ。これはパソコンやタブレット、スマートフォンなどから使える、ビデオ会議をはじめとするコミュニケーション・ツールだ。あるいはビジネス・パーソンにとっては、今や不可欠となったテレワーク(在宅勤務)用のツールとも呼べるだろう。

ズームの1日当たりの利用者数は昨年12月に世界で約1000万人だったが、今年に入ってコロナ危機を契機に鰻上りに増加し、現在は2億人を突破したとされる。特にスマホやタブレット用に提供される無料アプリとしては、ここしばらくアップルの「アップストア」で上位を維持している。

〔PHOTO〕gettyimages

スカイプとの違いは?

これと同種で以前からよく使われているツールには、スカイプや「Google ハングアウト」、「Microsoft Teams」などが知られている。これらとズームはどこが違うのだろうか?

最大の違いは、ズームの持つソーシャル・メディア的な要素にある。たとえばウエブ・カメラから撮影される自らの映像にインスタグラムのようなフィルターをかけたり、背景の映像を編集・加工して散らかった部屋の様子を隠すことなどができる。

もう一つの違いは、ズームの使い易さにあるとされる。もちろん初心者でもウエブ・カメラとマイクをパソコンにつければ即座に使いこなせるほど簡単ではないが、それでも他のツールに比べれば短時間で操作できるようになる。

また誰かをビデオ会議に招待する場合にも、たとえばスカイプ等では相手も予め同じソフトをインストールしておく必要があるが、ズームの場合にはその必要がなく、ただ招待用のURLを相手に送るだけでいい。つまりブラウザ・ベースでヴァイラルに拡散して、利用者を一気に増やす素地を備えている。

これらの理由から、ズームは主に高校生や大学生らの間で急速に普及した。本来、ビジネス向けのビデオ会議システムとして開発されたツールだが、若者たちはむしろオンラインのパーティなど社交や遊びに多用し始めた。また学校の教師やヨガのインストラクターらが、オンライン授業等のツールとしても重宝しているようだ。

 

ズームは同時に最大100人のユーザーまで、また最長40分の利用時間までは無料で使える。同時の利用者数・利用時間がそれ以上に及び、標準仕様以外の追加機能なども使う場合には、月額15ドル以上の使用料金が課せられる。こうした有料ユーザーの大半は、仕事用のビデオ会議などにズームを使っているビジネス・パーソンと見られている。

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら