Image by iStock

家を売り「小さなマンション」「憧れの田舎」に引っ越した途端の悲劇

人生への「致命的ダメージ」になるかも

貯金がどんどん減っていく

子どもが独立して、一戸建ては広すぎる。それを売って、夫婦二人で駅近の小さなマンションに住み替えよう――。その選択は、あなたの人生に致命的なダメージを与える可能性が高い。

都内在住の清水治明さん(仮名・62歳)は、2年前、持ち家の売却を決めた。

「子どもが独立して、部屋を遊ばせておくのももったいないので、夫婦でマンションに移ろうと思ったのです。私は以前、自営業をしていたため、退職金がなく、貯金が800万円ほどあっただけでした。

家を売却すれば小さなマンションくらいは買えるだろうし、余ったおカネは老後資金に充てられるという思いもありました」(清水さん)

Image by iStock

しかし、査定に出したところ、築30年の自宅の資産価値はゼロ。そのため、家を取り壊し、土地だけを売りに出すことになった。土地には約3500万円の値がついたが、ここにも誤算があった。

「家の取り壊しに約200万円かかりました。さらに測量費用、家財道具の処分などで約80万円。他にも、仲介手数料などを含め、土地を売るだけで、500万円近くかかったのです」(清水さん)

 

清水さんが新しく購入したマンションは、都内郊外の駅から歩いて5分の場所にある1LDK。築20年で、価格は約2500万円だった。この時点で、売却益の残金500万円と、貯金800万円をあわせ、1300万円が手元に残った。

しかし、本当の悲劇は引っ越しが済んだ瞬間から始まった。車を手放さなかったので、駐車場代が月2万円。管理費が月1万円、さらに修繕積立金が月1万5000円かかった。これだけで年間54万円に上る。清水さんが嘆く。

「夫婦合わせて年金は月18万円ほどですが、これは夫婦二人の食費や光熱費、医療費だけで、ほぼ消えてしまいます。いまのペースだと、貯金は20年強で底をつきます。

さらに数年後には、マンションで大規模な修繕工事を行う可能性があるため、追加で負担金がかかる可能性があるといいます。日々、貯金の残額を見つめながら暮らしています」