# 恋愛 # 婚活

出会いはあるけど結婚できない…「婚活疲れ」で悩む人に足りないもの

デートの数よりも、大切なこと
三島 光世 プロフィール

「結婚」と「お付き合い」は違う

もう一つ、婚活疲れをおこす要因があります。

まず、婚活している方の年齢は、20代後半から30代後半がボリュームゾーンとなるわけです。20代後半から30代後半にもなれば、自分の価値観が固まっている人が多いでしょう。

その間、誰かとお付き合いしてきたという方もいますでしょう。しかし、結婚を意識しないお付き合いというのは、お互いに気持ちいい関係でしかないわけです。

もちろん、交際していてもそれなりに辛い思いしているわ!という人もいるでしょう。しかし、やっぱり交際だけだと、たまにデートする、たまに旅行をするなど、一緒に生活することを描いていない付き合いであり、嫌なところには目を背けたり、良い所だけをみている関係なんだと思います。

しかし、婚活となれば、結婚を意識しての出会いになります。ですから、この気持ちいい、という感覚を一気に飛び越さなければいけないのです。

結婚を意識しない限り、人は相手と深く向かい合うという作業をしないからです。少しでも違うと思えば、距離を置くことなんていくらでもできますから、プライベートでは、誰とも深く関わらないということだって容易にできるのです。

結婚は誰かと関わっていくことです。結婚がしたいとなれば、嫌でも誰かと向かい合っていく作業が必要になります。この作業が苦行に近いので、疲れるという現象になってあらわれます。

その上、その年齢になれば、価値観が違う人との出会いが主になるため、お互いにすり合わせ作業が多すぎて疲弊するわけですね。

 

少し辛口な意見になりますが、そもそも柔軟性があり、人を受け入れる許容性がある人というのは、どこかで結婚できている可能性が高いわけです。しかし、そこにいたっていない場合には、自分の考え方が凝り固まっていたり、受け入れる許容範囲が狭い人が多いでしょう。そして、お互いにそういう人が婚活で出会うわけですから、疲弊しないわけないじゃないですか?と思います。

皆さん、自分自身を振り返ってどうでしょうか?

関連記事

編集部からのお知らせ!

おすすめの記事

ABJ mark

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標 (登録番号 第6091713号) です。 ABJマークについて、詳しくはこちらを御覧ください。https://aebs.or.jp/