〔PHOTO〕gettyimages

新型コロナ、日本人が危機感を持つべき「人獣共通感染症」の恐怖

"動物利用"を見直すときがきている

新型コロナウイルスの脅威、その根本原因である"動物利用"を見直すときがきている。

微生物はなぜ人を攻撃するのか

世の中には謎に満ちた感染症が多数あり、数が増えている。定期的に新しい感染症に人間はさらされている。人だけでなく、人が飼育する動物が感染することもある。

〔PHOTO〕iStock

ブルーリー潰瘍などのように感染経路すらわからないものや、エボラウイルスのように野生動物に近づきすぎたことが原因であるもの、脳炎ウイルスのように蚊が媒介するためにどうやって防げばいいのかわからないもの、薬剤耐性菌のように人や動物のなかで人間自身が作っていることが原因のものもある。

どれも人にとって社会の持続可能性を著しく脅かすものだ。

 

問題はこれらの感染症の由来の多くが動物であったり、動物と人共通のものであることだ。既知の人間の感染症の60%以上は動物由来(*1)(*2)であり、また75%の新しい感染症は動物由来であることが示されている(*2)。これらを「人獣共通感染症」という。これにはウイルス、細菌、寄生虫、真菌による微生物が含まれる。

これら微生物は、自然宿主となる生き物とともに暮らしている。人はそういった自然宿主が多数いる熱帯雨林などを破壊して回っているが、そうすると微生物たちは自然宿主を失ったり、新しい宿主に出会ったりすることになる。直接または別の動物などを介して人間に出会う。そのような新しい宿主に出会ったとき、ウイルスは猛攻撃を始める。