Photo by Gettyimages
# ETF # 日本株 # 世界経済

大荒れの「新型コロナ相場」、乗り切るために一番必要なもの

今こそバフェットに学べ
先月、世界の株式市場は急激な値動きを見せた。米国市場では驚異的な下落率によりサーキット・ブレイカーが相次いで発動し、「恐怖指標」とも呼ばれるVIX指数も過去最高を記録した。
株式市場はなぜ、ここまで極端な値動きをしているのか。米国の投資運用会社で働いた経験があり、『マネーの代理人たち』の著書もある小出・フィッシャー・美奈氏が、「流動性」をキーワードに、その「犯人」を推理する。

市場が変質した!

「いったい何なんだ、これは!」

何十年と市場を見てきたベテランでも呆れる毎日が続いている。近頃の極端な値動きは、株式市場の変質を印象づけるものだ。

まず、調整の急激さ。

世界の株式市場は、2月24日から3月20日までの4週間で3割以上下落した。ピークから2割下落するのに15日間しかかかっていない。これは、世界大恐慌の引き金となった1929年のウォール街の大暴落の時の30日間や1998年のロシア危機の時の31日に比べて、2倍も速い調整だ。

しかも、驚くのは1日の取引の極端な値動きだ。

Photo by Gettyimages

世界の株を動かす米国市場では、3月9日にダウ平均が-7.8%、 12日に-10%、 16日に-12.9%と1日の市場の値動きとしては尋常でない下落率を記録し、その都度、取引が自動的に一時停止される「サーキットブレーカー」が発動された。特に3月16日の-12.9%は、市場最悪の1日となった「ブラックマンデー」の1987年10月19日の-22.6%に次ぐ、歴史上二番目の下落率となった。

ところが3月24日に2兆ドル規模の緊急経済対策の議会通過が見えると、ダウは今度は11.3%跳ね上がり、こちらも1933年以来、史上第4位の上昇率となった。2112ドルという1日の上昇幅では、過去最大だ。

 

市場のボラティリティー(株価が変化する激しさの度合い)を測る指標に、別名「恐怖指標」と呼ばれるVIX指数がある。これも一気に跳ね上がり、3月16日には82.69をつけて、リーマン危機を抜く過去最高を記録した。
なぜ株式市場がこうも極端になったのだろう。