新型コロナウイルスの影響で、リモートワークや休校で自宅にいる時間が長くなり、気づけばカラダが重い...なんてことも。運動不足解消や運動不足からくるストレス解消に役立つ、2人で行う「ペアストレッチ」を大人気トレーナー・横手貞一朗さんがレクチャー。家族やパートナー、友人たちとおうち時間を満喫しながらお試しください。

●教えてくれたのは……
パーソナルトレーナー
横手貞一朗さん
美しくしなやかなBODYメイクに定評があり、モデルや俳優、アスリートなどからも絶大な信頼を誇る。個人指導のほかにも、独自のトレーニング理論を収めた書籍やDVDの監修、メディアへの出演などで活躍。

二人で揺れれば背中スッキリ
「背中ゆらゆら」

シンプルな動きだけれど、背中全体、腰、脚の裏側までが気持ちよく伸びて、カラダの芯からポカポカに!

METHOD
脚を大股に開き、向かい合わせに立つ。上体をおじぎするように90°曲げて、両手で相手の肩甲骨を持つ。二人で一緒に左右にゆらゆら揺れ、背中の伸びを感じる。

カラダが硬くても安心してできる
「踏み台ブリッジ」

サポートがあるので、お腹・背中がしっかり伸ばせる。下にいる人も腰のストレッチになる。

METHOD
一人は床に正座し、両手を前に伸ばし土下座のような姿勢に。もう一人はその背中の上に寝転がるようにして、ブリッジをする。

サポートがあれば
正しくしっかり伸ばせる
「おしり4の字」

座り姿勢が多いと凝って硬くなるおしり周りをストレッチ。腰痛改善や太腿裏にも効く。

<STEP1>

仰向けの状態から左足のくるぶしを右膝にかけ、4の字になるようにする。右足の裏はサポートする人の膝上につけるようにする。

<STEP2>

脚を4の字にした状態で、右手は体の外側、左手は両脚の間から通し、右脚の膝を抱える。(カラダの硬い人は太腿の裏を持ってもOK)

<STEP3>

サポートする人は、体重をかけながら、左手で相手の右膝を押し、右手で相手のおしり(左脚の付け根)を押す。これを左右交互に行う。