たまり続ける「コロナ疲れ」、効果的な2つの解消法

不安と緊張を伝染させないために
片田 智也 プロフィール

「そうですね」を引きだす会話をする意味

もうひとつは「他愛もない会話をすること」である。

「今日は暖かいですね」とか「そろそろ桜が満開ですね」など、他愛もない会話を怠ってはいけない。

人は集団生活に適応した動物である。「他人と考えが同じであることを確認したがる」のは、人としての本能と言ってもよい。相手から「そうですね」という同意の言葉を聞くと、なぜか安心感が湧くものだ。

緊張が続いてピリピリしているときなど「当たり前のことを言うんじゃない!」と返したくなるかもしれない。しかし、その当たり前のことを確認する時間こそ、緊張を和らげるために必要なものなのだ。

 

面と向かって会話する必要はない。電話やメールでも「他愛もない会話」を意識することはできる。

例えば、いま「コロナがいつ収まるのか不安ですね」という問いかけに同意を返さない人はいないだろう。

Photo by iStock

関連記事