Photo by Gettyimages

たまり続ける「コロナ疲れ」、効果的な2つの解消法

不安と緊張を伝染させないために
新型コロナウイルスの感染拡大が止まらないなか、リモートワーク、休校、外出自粛などの「非日常」の連続で、「コロナ疲れ」ともいうべき状態にいる人も少なくないだろう。この精神的な疲労は一体どう解消すればいいのか。心理カウンセラーの片田智也氏にその対策を解説してもらった。

いっこうに収まる気配を見せないコロナ騒動

新型コロナウイルスの感染拡大が止まらない。最短で本日7日にも「緊急事態宣言」が発令される見通しだ。相変わらず、マスクやトイレットペーパー不足は続き、イベント中止、外出自粛など、ストレス解消もしづらい毎日。こういった状況で広まっているのが「コロナ疲れ」だ。

Photo by iStock

「もういい加減、疲れましたね…」

そうつぶやいたのは通信会社に勤務する40代前半の男性、Aさん。3月に入ってすぐ在宅勤務が始まった。取引先との商談もメールと電話のみ。めったに外出することもない。「4月になれば収まるだろうと考えていた」という。

 

しかし、事態は収まるどころかどんどん深刻化している。小学生の子どもも臨時休校。おかげで妻もパートを休まざるをえない。生活のリズムが崩れたことで、家のなかが「ピリピリしている」らしい。Aさん自身もイライラ、食欲不振、軽い不眠などがあるそうだ。

「これって、うつ病とかではないですよね…?」