四千頭身 後藤拓実インスタグラムより

四千頭身・後藤「お笑い第7世代ブーム、そして粗品さんからの連絡」

生放送で大失態したときのこと

「お笑い第7世代」って言葉を知ってますでしょうか。いまなんとなくテレビに出てきてる芸人さんたちをそう呼んでくれる人がいるんです。

だいぶこの言葉に助けられていて、お笑い第7世代の四千頭身と呼ばれることも多いです。よく売れてるね〜、とか最近言っていただくようになりましたが僕らが売れてるとは思ったことがなくお笑い第7世代という言葉自体が売れてるような気がするんです。

これがですよ、もし世間がお笑い第7世代というワードに飽きたとき、仕事が確実に減ってしまうと思うんです。マジックワードなんですこれは。なので今はいろんな経験をさせてもらってます。

ここで文章を書けるのもそうですし、今いろんなことを吸収して、お笑い第7世代というワードが使われなくなってもいま若い世代のみんなでお笑いできてたらいいなぁと思います。

いまYouTubeなどネットで動画をみる文化が発展してきて、テレビは見ないという人もいますが、それは仕方ないと思うんです。便利なものがあれば便利なものの方を使う。それは当たり前のことですし。だからYouTubeでチャンネルを作る芸人さんもたくさんいるんです。

お笑いはどうなっても生き残り続けるんだろうなぁと思います。コンテンツが変わろうと存在できるジャンルであるお笑いはめちゃめちゃすごいなと思います。そんな仕事ができていることに誇りを持っています。