東大教授が本気で選んだ、ジャンル別「おもしろい本」10選

古典・文豪・近現代・歴史・ラノベから
本郷 和人 プロフィール

第4位『吾輩は猫である
夏目漱石著 新潮文庫 630円
「漱石の小説のシニカルさはイギリスの作家ロバート・リンドに通じるものがある」

第5位『家康、江戸を建てる
門井慶喜著 祥伝社文庫 860円
豊臣秀吉により関東に国替えされた家康が低湿地を拓き、江戸の礎を築く姿を描く

 

第6位『ラ・ミッション 軍事顧問ブリュネ
佐藤賢一著 文春文庫 990円
母国の方針に反し、旧幕府軍とともに戊辰戦争を戦ったフランス軍人を描いた小説

第7位『異世界のんびり農家
内藤騎之介著、やすもイラスト KADOKAWA 1~6巻 各1200円
異世界に転生した青年が、神に授けられた万能農具を使ってスローライフを謳歌する

第8位『とんでもスキルで異世界放浪メシ
江口連著、雅イラスト オーバーラップノベルス 1~8巻 各1200円
現代日本から「剣と魔法の異世界」に召喚された主人公が、「食」を武器に冒険する

第9位『新訂 徒然草
吉田兼好著 岩波文庫 1130円
「鎌倉時代のあらゆる階層の生活や価値観が分かる。兼好のひねくれようが面白い」

第10位『現代語訳 吾妻鏡
五味文彦、本郷和人、西田友広編 吉川弘文館 全17巻 2000円~3200円
「鎌倉時代前半の歴史書。原文で読むのは大変ですが、現代語訳で読んでみてください」

『週刊現代』2020年3月14日号より

編集部からのお知らせ!

関連記事

ABJ mark

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標 (登録番号 第6091713号) です。 ABJマークについて、詳しくはこちらを御覧ください。https://aebs.or.jp/