〔photo〕gettyimages

もしコロナ感染したら保険は? 医療費は? 備える5つのポイント

「公費負担=すべてがタダ」ではない…

もし新型コロナウイルスに感染したら…?

新型コロナウイルスの感染が全世界へと広がりを見せている。

〔photo〕gettyimages

3月16日、世界保健機関(WHO)のテドロス事務局長は、ジュネーブでの記者会見において各国に対し、「検査、検査、検査。疑いのある患者全員を検査するよう」勧告していると述べた。

その数日前には、ドイツのメルケル首相が新型コロナウイルスについて初めて記者会見を行い、「このまま治療法が見つからなければ、ドイツの全人口の60~70%が感染する恐れがある」とも語っている。

日本では3月下旬から東京を中心に患者数が急激に増加。4月4日現在、日本国内での累計感染者数は3,053名(クルーズ船乗員・乗客を除く)、累計死亡者数75名となっている。

世界的にみると、今や中国を超え、感染者数が27万人強と最も多い米国や、それに次いで薬12万人のイタリアやスペインと比べると少なく、メルケル首相が危惧するように、日本でも大多数が感染するかは別として、もはや他人事ではない。どこで感染してもおかしくないと想定し、一人ひとりが対策を講じることが肝要だろう。

 

そこでFPとして気になるのは、やはり医療費のこと。

もし、新型コロナウイルスに感染した場合、患者の医療費負担や民間保険の扱いがどうなるのか注意点を紹介したい。