さわやかな印象が強い原監督だが、球界では厳しい監督として有名らしい(photo by gettyimages/以下同)

巨人復活のカギは、「くせ者」元木コーチの目配りだった!

西山秀二の「ザ・捕手目線」第3回
西山秀二による野球解説動画「ザ・捕手目線」の第3回。昨シーズン、もし優勝を逃せば、5年連続V逸という球団始まって以来の屈辱の危機に瀕していた巨人。見事広島のV4を阻止して雪辱を果たしたチームのなかで、一体何が起こっていたのだろうか? 現役最後の年を巨人で元木コーチらと過ごした西山さんが解説する。

原監督になって、空気は一変した!

——昨シーズンのセ・リーグチャンピオンの巨人についてうかがいたいのですが、巨人OBでもある西山さんから見て、高橋由伸監督と原辰徳監督では何が大きく変わったんですか?

西山: 一番変わったのは、やっぱりチームの空気でしょうね。由伸が監督になったときの選手たちは、現役時代から一緒にやっていたメンバーでしょ。みんな、優しい高橋由伸しか知らないわけですから。監督になって急に厳しくなるかっていったらならないですよね。

そんなゆるい空気が流れていたのが、原監督が復帰したその瞬間に張り詰めた空気に変わった。キャンプからもうすべてね。

巨人の監督を3度務めたのは、球団史上でも原監督ひとりだけだ

原さんは厳しいですから、どんな主力であれ、ベテランであれ、もうダメなやつはすぐ外します。ある程度活躍している外国人でも、(調子が落ちれば)平気ですぐ二軍に落とす。それで空気が一変するわけです。もちろんコーチ陣も張り詰めた空気になるわけです。

 

厳しい空気からゆるくなって強くなるチームもあれば、ゆるかったのが空気がガッとしまって強くなるケースもあって、チームが強くなるときは、色々なパターンがあるわけです。

野村(克也)さんと星野(仙一)さんの(阪神と楽天での)関係もそう言えるじゃないですか。

野村監督の理論と大らかさ→星野監督の厳しさは、チームにとっていい化学反応だったのだろう

野村さんって、野球に関しては厳しいこと言ってたようだけど、本人がすごく優しいから、いちいち細かいことギャーギャー言わないじゃないですか。野球に関しては説教したりはするだろうけど、のほほんとした空気のなかでやっていた。それが、星野さんが替わったときに、ギュッとなりましたよね。(昨シーズンの巨人の場合も)それと似たようなもんで、そこが一番じゃないですかね。