Photo by iStock

プロ野球審判員を襲う「コロナ余波」の現実…感染症対策に報酬減少も

不安なのは選手だけじゃない

自宅待機を余儀なくされて

新型コロナウイルス感染拡大の影響を受け、プロ野球の開幕は当初予定されていた3月20日から4月24日に変更されました。しかし、国内の感染拡大はおさまらず、さらに後ろにズレ込みそうな見通しです。一部には「東京五輪・パラリンピックが1年延期になった今、年内の開催は難しいのでは……」との声もあります。

見通しの立たない現状に対し、不安を覚えているのは選手だけではありません。NPBに60人(育成審判含む)いる審判員も「自宅待機」を余儀なくされています。

オープン戦は選手のみならず審判にとっても大事な調整の場ですが、今年は2月29日から無観客試合となり、数試合が中止となりました。

Photo by iStock

無観客試合は気になりませんでした。僕たちはいつもボールに集中していますから

そう語るのは2003年から2014年まで、12年連続でプロ野球選手会が実施している「選手が選ぶ! ベストアンパイア」に選出されているベテラン審判員の名幸一明さんです。

ただし、今は生きたボールから遠ざかっているので、4月からスタート(セは10日、パは14日から)する練習試合でカンを取り戻したいと考えています。

特にローテーションピッチャーのボールだけは、しっかり見ておきたい。昨年とどうかわったか、球の切れはどうか、新しい変化球の軌道はどうか、仕上がり具合はどうか。これだけはシーズンが始まる前にチェックしておきたいんです

 

ボールを見極める目は審判にとって命です。名幸さんの自宅にはビジョントレーニングのための機器があります。

目がチカチカするメガネがあるんです。視界が暗くなったり明るくなったりする。そういうメガネをかけながらお手玉をする。こうしたトレーニングは、今のように試合のない日でも怠らないようにしています