実際のところいくらもらえるのか

現在の制度であなたが将来もらえる年金額はこちらです。

イラスト/黒猫まな子『知識ゼロの私でも!日本一わかりやすいお金の教科書』より

自営業や専業主婦であれば基礎年金の約78万円のみ。会社員であれば働き続けた年数に応じて、基礎年金にプラスして厚生年金が支払われます。あなたが厚生年金のある会社にいて、平均年収400万円で40年間働き続けた場合、65歳からもらえるのは、

基礎年金 78万円 + 厚生年金 168万円 → 246万円 

となります(2020年3月末時点での試算)。
こちらは1年間の金額。言ってみれば、”年収”246万円ということです。
「え、それだけ?!」と思ったのではないでしょうか。そうなんです。公的年金とは、今も昔も老後の生活費すべてをまかなえるものではありません。いま経済的にゆとりがあるようにみえる高齢者世代はたくさん年金をもらっているわけではなく、景気がよかったときに貯めていたお金があるからなのです。

ただ、この年金が老後の生活費の土台になることは確かです。何歳まで生きたとしても、たとえあなたが100歳まで生きたとしても支払われるものだからです。