〔Photo〕ホンダ公式サイトより
# ホンダ # 自動車

N-BOXが「古くなるほど売れ行きが伸びる」クルマになった理由

ただし買う時には注意も必要

盤石すぎる売れ行き

一般的にクルマの売れ行きは、新型車として発売された直後が最も多い。その後、時間の経過に伴って販売台数が下がり、やがて安定期に入る。数年後に再びフルモデルチェンジを受けて新型になり、売れ行きを盛り返す。この繰り返しだ。

ところがホンダの軽自動車、N-BOXは違う。発売から時間が経過するほど、売れ行きを伸ばしている。N-BOXは2011年12月の発売以降、以下のような販売推移を辿った。

N-BOX〔Photo〕GettyImages
・2012年 21万1155台
・2013年 23万4994台 *3月に先代スペーシア/10月に先代タントを発売
・2014年 17万9930台
・2015年 18万4920台
・2016年 18万6367台
・2017年 21万8478台 *9月に現行N-BOX/12月に現行スペーシアを発売
・2018年 24万1870台
・2019年 25万3500台 *7月に現行タントを発売
 

先代N-BOXは2012年に21万1155台を販売して、2013年には23万4994台に増えた。2014年は前年に発売されたライバル車のダイハツ・タントが伸びた影響もあって約18万台まで減ったが、2015年には若干増えている。

そして2017年9月に、現行型の2代目N-BOXにフルモデルチェンジされて売れ行きも急増。2018年には24万台を超えた。2019年になると25万台を上まわる。この年にはタントが現行型にフルモデルチェンジしたから、発売から2年を経過したN-BOXは下降すると思われたが、逆に増え続けている。