# 銀行

銀行大激変、ついに「メガバンク」と「エリート銀行員」が消える…!

そして「日本銀行」だけが生き残る…?
小野 一起, 高橋 洋一 プロフィール

デジタルがわからない銀行員たち

高橋 だから、金融でも同じことが起こるし、すでに起こっている。最近ではデジタル技術を使ったフィンテック(Fintech)で、金融業界以外の人たちが金融のビジネスに続々と参入しているのが象徴的です。

昔は外為法(外国為替及び外国貿易法)によって外為専門銀行が存在していました。東京銀行(現・三菱UFJ 銀行)がそれで、これは規制によって守られていたから存在していた業種です。私が大蔵省の証券局で銀証問題を担当していた時、どうしてそんな規制があるのかよくわからなかった。当時から商社の間ではすでに信用取引のような決済はすでにやっていたんです。本来ならわざわざ東京銀行を通す必要はなかったです。しかし、外為法で「規制を守れ」と言われていたので、その規制は当時の法改正では守りました。でも、結局は時代の流れには逆らえない。そういう規制は、もたないんです。

小野 東京銀行も、合併再編をへて三菱UFJ銀行になり、外為専門銀行の看板は下ろしました。

〔photo〕gettyimages

高橋 銀行業務の本質はいたって簡単です。預金の受け入れと資金の貸出、それから決済だけです。すごくシンプル。

しかし、決済はいま電子マネーで支払いができてしまう。それなのに、銀行はいまだに決済で結構なお金を取っている。なぜなら銀行は決済のために巨額のシステム投資をしたから、これを回収するためには、手数料を取るしかない。でも、インターネットを使うと決済はもっと安く簡単にできてしまうのだから、このビジネスモデルもそう長くは続かないでしょう。

 

小野 電子マネーだけでなく、デジタル暗号技術であるブロックチェーンを使った仮想通貨も金融の世界を根本から変化させそうですね。

高橋 そもそも銀行員は文系が多いから、デジタルの話は苦手でしょう。大蔵省時代に金融検査をやった時、システムのことをほとんどの銀行員がわかっていないのでびっくりしました。情報産業なのに、システムがわかってないとかもう話にならない。現状のシステムのこともよくわかっていないのに、最新のフィンテックなんて取り入れるのは無理。わからないものは、絶対できない。

関連記事

Pick Up

編集部からのお知らせ!

おすすめの記事

ABJ mark

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標 (登録番号 第6091713号) です。 ABJマークについて、詳しくはこちらを御覧ください。https://aebs.or.jp/