菅総理が「官僚ファシズム」への道を開かないことを祈ります

「官僚を排除せず上手に使う」などと突如言い出す始末

 菅総理の国会答弁は最悪だった。天下りや、公務員給与削減など聞かれたくない質問についての答弁は、官僚作文の棒読み。それも早口小声で何をしゃべっているのかわからなかった。野党席からは大ブーイング。

「与党党首である総理のクビがすげ替えられたら、解散総選挙をやれ」

 というのが、もともと菅氏の持論だったはずだ。この点を私が追及すると、「参院選で勝つ自信がないからそんなことを言う」などと、まるで理屈になっていないことを口走る始末だった。

 なるほど国会論戦をやりたがらない理由がよくわかった。新内閣が誕生したのに衆参の代表質疑だけで、予算委員会は開かないという驚天動地の国会運営。高支持率のままボロ隠しで選挙に突っ込みたい意図がありありだ。

 脱小沢路線が受けているらしいが、総理も官房長官も反小沢と言われた与党幹部も、みんな小沢氏をかばいに入った。これでは国会で追及されるのは目に見えている。

 ならば、総理交代によるロスタイムを延長せずに国会を閉じてしまおう、という常識では考えられない行動に出たのである。

 菅氏は政権交代の当初、副総理権国家戦略担当大臣であった。実はこのポストこそ脱官僚=政治主導の本丸なのだ。ところがずっと開店休業状態。政治主導が機能せず政権のダッチロールが始まった。

 鳩山氏は総理退任後、「国家戦略局の不在こそ失政の原因」と語っている。その通りだ。普天間も、予算の組み換えも、高速道路も、子ども手当ても、司令塔が機能していれば、また違った展開になっていたと思う。

 政権が変わったら、「官僚を使いこなす前に官僚を選べ」。これが鉄則である。会社をテイクオーバーして新経営陣が乗り込んでいったら、まず、最初にやることは、社内人事の刷新である。使えそうな若手を抜擢するとか、新経営陣の方針に従った人事を行う。

オポチュニスト総理

 これが民主党政権には、まるでできていなかった。自民党政権を支えた官僚を官邸も含めて居抜きで使ったのが、失敗の元凶だった。官僚機構は惰性で動くところがあり、この惰性は生半可な力では止められない。

 例えば、普天間移設にしても、仮に鳩山氏が主張した「県外・海外」を本気で実現しようとすれば、交渉当事者を総入れ替えしなければ、できるわけがないのだ。今まで、辺野古沖で進めてきた人たちに、突然、県外・海外と言ったところで、「そりゃ無理です」となるに決まっている。

 だからこそ、官僚機構にグリップをかけるのが、国家戦略局なのだ。霞が関の「戦略は細部に宿る」世界を熟知した裏方スタッフを集めることなく、徒手空拳で官僚機構の縄張りや惰性と戦っても勝ち目はない。鳩山氏はナイーブであったが、問題の所在だけは理解したのだろう。

 一方、プラグマティストというよりはオポチュニストと言ったほうがよい菅氏は、「脱官僚」という言葉さえ言わなくなってしまった。自分の旧知の官僚を事務の筆頭秘書官にするなど、麻生太郎氏と同じ手法だ。あげくのはてが、「官僚を排除せず上手に使う」というようなことを菅氏は公言している。

 つい半年前まで「官僚は大バカ者」などと言っていた菅氏が、ここまで財務官僚路線に乗っかるとは。「増税しても使い方を間違わず、賢い支出をすれば景気はよくなる」という怪しげな理論は、財務官僚にしてみれば笑いが止まらないといったところか。

 たくさん集めてたくさん配ることが官僚の権力の源泉である。彼らのいう「賢い支出」とは、民間や地方が決めるのではなく、政治家に決めさせたふりをして、官僚が実質決めるということだ。民間や地方は愚かだ、信用できない、という官尊民卑の政治文化が、霞ヶ関には根付いている。

 菅総理はこの思想にどっぷり浸かった。総理は自分がリアリストであることを強調する。珠玉の名著を残した政治学者・永井陽之助教授の門下生だと称している。

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら