〔PHOTO〕iStock
# 飲食店 # デリバリー

コロナで閉店に…デリバリー中心の飲食店の「残念すぎる勘違い」

「巣ごもり消費」が増えるなか、なぜ

新型コロナの影響で外出を自粛する人達が「巣ごもり消費」をする機会が増え、デリバリーサービスが好調だという。しかし、そんななか、同じデリバリーサービスを行う飲食店でも閉店に追い込まる事態が起きている。

新宿でカレー店を営む吉岡浩さん(仮名・30代)は、そんな状況に見舞われた1人だ。彼は、お客さんが食事をするスペースを店内に持たず、オンラインで受けた注文のみを配達する“ゴーストレストラン”という形態で店を経営していた。

周囲はIT企業と飲食店

店は新宿で中小規模のIT企業がひしめくエリアに位置し、一日の売り上げの7〜8割をランチタイムで稼いでいた。近くには大手百貨店もあるが、「百貨店のスタッフは40代くらいのミセスが多いのですが、オンラインのデリバリーサービスを使うユーザーは20代、30代がほとんど。百貨店が近いことのメリットはあまりありませんでした」と吉岡さんはいう。

〔PHOTO〕iStock
 

また、近くには飲食店も多数あるが、店員は店の賄いがあるためか、なかなかデリバリーを利用しない。吉岡さん自身も、休憩時間に余った食材でご飯を作るため、近くの飲食店は全く利用しなかった。そのため、主要なターゲットをオフィスで働く会社員とし、内勤の女性が好みそうな低糖質メニューの開発などを行なっていた。そんな売り上げに陰りが見え始めたのは、2月に入ってからだった。

「最初は、メニューやサービスが悪かったのだと思いました。でも、お店に対する評価を確認しても高評価を維持している。これはお店のせいではないと気づきました

吉岡さんは連日のコロナの報道はもちろん見ていたが、あくまでデリバリー中心のゴーストレストランなので、人々の活動が自粛ムードになっても、そこまで売り上げに影響は出ないと考えていた。でも、現実は違った。