我が家、緊急事態宣言発令!

朝起きてから寝るまで、1日中家で息子たちとずーっと一緒です。
子供が1人だった頃は、まだ30代の前半。寝かしつけ後にそっとベッドを抜け出して残された家事や翌日の夕食の下ごしらえなどをやっていました。

子供が2人になった時から、“無理をしない”と決め、夜は子供たちと一緒に自分も寝てしまうので、1人になる時間はありません。
3人ともとっても可愛いんです。私の宝物です。大切な大切な可愛い息子達なんですが…

ああ、やっぱり一回1人にさせて!

でもせめて、三男を抱っこし息子達と体を寄せ合いながらも湯舟に浸かって一息吐き、まもなく無事に1日が終わると安堵できれば、お風呂好きな私はなんとかリフレッシュできるはず。

が、そんな時に限って、「あれ? なんかぬるっとしてない??」

お風呂洗い担当の夫が、ちゃんと浴槽を洗っていないではありませんか!!
おそらくシャワーでササっと流しただけだな。
お風呂洗いは、夫の家での唯一のお仕事。お風呂上り、速攻夫に抗議のメールを送信。私の数少ない楽しみまでをも奪うのか?と。

これはもう、政府より先に緊急事態宣言です!

自宅で餃子パーティー! 写真提供/中村仁美

苦肉の策、通常は平日禁止しているテレビを解禁! さらに今年の長男のお誕生日プレゼントにする予定だったテレビゲームを前倒しして購入!

だって、しょうがない、外出できないんですもん。
文明の利器よ。これでどうにかお願いします。

子供たちは大喜びで、私も確かに楽になりました。
ゲームは私の許可を得てから、食事の時間は必ずテレビを消す、私の言うことを聞かない場合は二度とテレビもゲームもさせない、など、色々とルールは決めるものの…。結局朝起きた瞬間からテレビの前に陣取り、私が言うまでずっと見ています。明日も明後日もずっと予定がないので、夜も気が付けばいつもならベッドにいる時間に。

親子で一緒に同じ番組を見て笑ったり、一緒にゲームを楽しめるのはいいのですが、1日そればっかりではどうなんだろう?

これではダメだ、となるべくテレビ&ゲーム漬けにならにように、炊事洗濯・三男のお世話を含め家の事は私1人でやろうとせず、出来そうなことは長男・次男にやってもらうようにしているのですが、エネルギーを持て余しているせいか、たいてい最初の目的から逸脱して小競り合いが始まります。

また習い事も、オンライン上でレッスンを受けられるよう計らいがあったのですが、やはり対面で受ける緊張感がないせいか、ふと目を離せば、背中に次男を背負いながら長男がダイニングテーブルの上に寝ころんでいたり…。