2020.04.02
# 日本史

「犯人は誰だ!?」室町時代の裁判記録を東大教授と解読する

<日本史のツボ>のツボ 第5回
本郷 和人 プロフィール

真実を暴く湯起請

答え合わせをしよう。問アと問イは省略。問ウは、富野郷の人間が寺田庄の百姓を召し捕り、さらには1人を殺害したこと、が答えとなる。それを踏まえて、いよいよ問エ。第1に、湯起請を行ったのは小笠原持長ではない。彼の代官として富野郷を管理していた庄主である。ここを間違えては話にならない。法廷に参じた庄主は、湯起請に臨む。このとき史料には「湯起請【その文章、詮を取る、かくの如き題目、領主として申し付け、沙汰を致さずと云々】を以て糺明」とあるが、この箇所を正確に説明しなくてはならない。

庄主は「これはウソ偽りではありません」として次のことを言明する。詮を取る(要点をまとめると、の意)と、

「富野郷の者が寺田庄側に乱暴を働いたのは、領主である持長さまの指示です。代官たる私がやらせたのではありません」。

そう言葉にしたあと、庄主は湯に手を入れた。すると、指の腹が火ぶくれを起こしたのだろう、白く焼けた。彼が真実を語っていればやけどを負うことはない。だが指にやけどを負ったのだから、庄主がウソをついていることは明白である。幕府は富野郷に指示を出したのは庄主、と断定した。 

 

史料を深く読めば、見えてくるもの

刑事事件の命令者は庄主だと明らかになったが、彼の上司たる持長の罪は消えない。本来は富野郷を没収するべきところだが、幕府法廷は事をいたずらに荒立てることをせず、問題になっている三重野の地を相国寺のものとすることで最終的な判決とした。以上のようなことが答案に記述されていれば、正解となる。

もう一度念のために記すと、この裁判では、相国寺領の寺田庄と、小笠原持長が知行する富野郷とが争っている。富野郷の乱暴が根拠となり、寺田側の勝訴が確定。ついで問題になったのが、富野郷の乱暴を指示した犯人が持長なのか、庄主なのか、という点。これは湯起請の結果、庄主が真の犯人だと明らかになった。

こうした骨組みを理解しなくてはならない。それをざっくりと認識するのが①史料をしっかり読む、ということ。さらにそれを細部にいたるまで正しく読むのが②史料を深く読み込む、ということだ。それを踏まえて③と④を、次回に説明しようと思う。

関連記事