2020.04.02
# 日本史

「犯人は誰だ!?」室町時代の裁判記録を東大教授と解読する

<日本史のツボ>のツボ 第5回
本郷 和人 プロフィール

史料をしっかり読む

次の史料は室町幕府の裁判の結果を記録している。名称は『御前落居記録』。将軍の御前で、落居した、すなわち片が付いた訴訟事案の記録というほどの意味である。

将軍は「くじ引き将軍」として知られた第6代の足利義教。奉行人と呼ばれる幕府の法曹官僚的な武士たちが、原告と被告の主張を整理して義教の判断を仰ぐ。統治行為にきわめて前向きな姿勢を示していたこの将軍は、本来は管領(幕府政治のトップに立つ守護大名。斯波、畠山、細川の三家が交代で務めた)が管轄していた訴訟事案を、あたかも後醍醐天皇の天皇親政の如く、自らの手で裁いていたのである。この史料の57番目に記載されている事件は,次のような内容を有する。

(A)一、相国寺領山城国寺田庄与小笠原備前守持長知行分同国富野郷相論堺事
被召決両方之刻為富野郷沙汰召捕寺領百姓剰一人令誅云々且云中間狼籍(藉)且云鹿苑院殿御仏事中旁以領主難遁其咎爰持長不存知之由陳申之然者代官【于時庄主】所行歟不日可召進之旨被仰含訖仍致参路(洛)以湯起請【其文章取詮如此題目為領主申付不致沙汰云々】有糺明之處指腹白焼之此上者咎已露見之間尤雖可被攻【収】公所帯就寛宥之儀以三重野論所地可被付寺家早可書上御教書也
    永享四年八月一二日            大和守貞連 
                                                             対馬守貞清
                           肥前守為種

たぶん原史料が書き間違えたのだろうという字は、( )で示した。また、本文の半分ほどの字幅で、2行に書き記された「割り書き」は【 】で表記した。最後に書かれた3人が先述した奉行人、つまり幕府の役人と考えて良い。

以上を説明した上で、この史料を読み理解する。それをできるようにするのが、大学で教える日本中世史という科目である。句読点を打ちながら、読み下し文にしてみよう。漢字は適宜ひらがなにしてある。

 

東大生ならすぐに読めるようになる?

(B)一つ、相国寺領の山城国寺田庄と小笠原備前守持長の知行分である同国富野郷とが相論する堺の事。
両方を召決せらるの刻、富野郷の沙汰として寺領の百姓を召し捕り、剰え一人誅せしむと云々。且うは中間狼籍(藉)といい、且うは鹿苑院殿御仏事中といい、旁た以て領主その咎を遁れがたし。爰に持長、存知せざるの由、陳じ申す。しからば代官【時に庄主】の所行か。不日、召進むべきの旨、仰含められ訖。仍って参路(洛)を致し、湯起請【その文章、詮を取る、かくの如き題目、領主として申し付け、沙汰を致さずと云々】を以て糺明あるの處、指腹白く焼ける。此の上は咎已に露見の間、尤も所帯を攻【収】公せらるべしといえども、寛宥の儀に就きて、三重野の論所の地を以て寺家に付せらるべし。早く御教書を書きあぐるべき也。
      (日付と人名は略す)

ありていにいうと、東大の学生なら、字面だけならばすぐに読めるようになる。ぼくが教えに行っていた私大の学生だと、1年経ってもなかなか読めるようにはならない。前もって授業で読みと意味を教え、この史料がテストに出て、こんなことを質問するよ、とサービスをしてやっと学期末試験として成立する感じである。

関連記事